スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタバタ3連休

土曜日は、レオマホテルでフラを
踊らせていただいた。
華やかなパーティー会場で、観客
は、ほぼ女性。
少し厳しい視線を覚悟していたが
皆さんとても優しく観てくださった。
そこから高松に向かい、カルチャー
スクールの打ち合わせをした。

日曜日は、孫のお宮参り。
娘は実家の母に着付けをしてもらい
孫は一張羅の着物を羽織って、近く
の神社で、健やかな成長を祈願した。

月曜日は、香川県でエアロの四国
フライト選手権があった。
FUNからは、エンジョイ部門で7名が
エントリーした。
うち3名が入賞した。
審判員から「FUNのみんなは、とっても
楽しそうに踊るよね!」と言って頂いた。
私には、何よりの褒め言葉だ。
来年は、もっと沢山のメンバーで参加
したいな~。

スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました
とっても楽しかったです。そして、とっても嬉しかったです。ありがとうございました。
feela | URL | 2015/01/14/Wed 06:13 [編集]
私も「エンジョイの部」にエントリーした。

まず、40分間のスローエアロビック体験で
身体と脳を活性化させる。
軽く汗をかいて、コンテストに臨んだ。

「エンジョイの部」は2部構成。最初の20分はルーティンの説明。
指導形態はFUNのレッスンと全く同じ。
また、ベースとなる動きも、FUNのレッスンで習っている基本動作と全く同じ。
なかなか振りがコピーできず、レッスン中にパニクってしまう私にとっても、
理解できる内容であった。(というか むしろ 楽勝!)

ルーティンが終わり、いよいよ20分間の審査に入る。
テレビでしている社交ダンスの審査会のように、
縦横に並んだ参加者の周りを
審査員が回りながら採点をする。
診査の時も、インストラクターが前でリードをしてくれるので、
振りを忘れていても大丈夫だ。

この時、気づいた!
周りのオレンジのTシャツに! チラ見ではあるが、明らかに違う。
表情というか、ノリというか、前や後ろの人たちとは、「エンジョイ度」が違う!
彼女たちは、「魅せている!」と思った。目立っている!
審査員の○○先生も、FUNの列に来たとき、にこっとしてくれ、
笑いながら審査してくれていた。

よし、It's Show Time!
目立つのはまかせなさい! 審査開始から7分。 
最後のポーズは 1年間練習しまくった「Y字」を「イェ~!」と叫んで決めよう。
少し、にやけながら、スイッチを入れようとした瞬間・・・

バチッ! うっ…  痛っ! 左太ももの肉が動いた感覚を覚えた・・・

そして、その瞬間、私の、コンテストは終わった。
審査の列から脱出する勇気もなく、残り13分を、無表情で踊った。
視界の左端に、(多分)土井先生の姿が見えていたので、泣きそうになった。

結果発表!
なんと、3人もが表彰された! すごい! うれしかった。

私が4年前、FUNのパフォーマンスを初めて見たとき
一番強烈だったのは、ダンサー達の表情である。
生き生きとした、楽しそうな表情に、魅了されたことを今でも覚えている。

FUNの文化は、そんな表情を自然に作っていける雰囲気を持っているのだろうか?

今回、コンテストに参加して、
私たちの受けている日頃のレッスンが、
インストラクターの先生方の日頃の研修、綿密な計画、
個々の個性に基づいた技術指導等のおかげで、
「全国標準」と全く変わらないものであることがわかった。

また、表現力に代表されるFUNの魅力、FUNの文化は、
全国どこにいっても通用するよね! と言い切りたい!とも思った。

今後は、「基礎・基本」を意識して、レッスンに取り組もう!

本当に、楽しく、有意義な大会であった。

PS)来年は、リベンジします! あはははぁぁぁぁ~ (笑)
injured K | URL | 2015/01/14/Wed 10:51 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

プロフィール

pal.fun

Author:pal.fun
ナイスギフトパルは平成元年創業の贈答品・結納のし専門店です。
お客様一人ひとりを大切にし、ご満足頂ける店作りを目指しています。

スタジオFUNは、ナイスギフトパルのレンタル事業部として平成12年エアロビクススタジオとしてスタートしました。様々なジャンルのダンスを行っています。是非一度レッスンを体験して下さい。
       

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。